歯科技工士科

人間にとって食べ物をおいしく食べたい、美しくありたいと思うことはみんなの願いです。
歯がなくなると食べ物を噛むことができなくなったり、口元が変わったり、いろいろな機能が低下します。
そして、さらには、全身的な健康が妨げられるといわれています。
特に高齢化社会が進む現代では、多くの人が義歯を必要としています。
このような人たちの義歯や冠を作ることにより、口腔の機能を回復し、生体と調和した健康美を取り戻す手助けをするのが歯科技工士の仕事です。

カリキュラム

マンツーマンによる実践的な指導

高齢化社会を迎え、より高度化する歯科技工に必要な技術や知識を修得します。

1年生では基礎的な学習と実習、2年生では専門的な実習を主とした授業を行います。

基礎的な実習では、まず歯の形を学ぶため歯冠彫刻や歯冠写生を行います。さらに、専門的な実習では、歯が欠損した場合、咀嚼や発音などの機能を回復する総義歯・部分床義歯の製作。むし歯などで崩壊した歯に対してセラミック(陶材)やレジン(プラスチック)、金属などによって修復する歯冠修復物の製作。また、歯並びを改善する矯正装置の製作などを行います。

本校の特色は、マンツーマンによる教育を通して学生ひとりひとりの個性や能力を充分に発揮できるようなきめの細かい指導を行ない、卒業後、臨床の場において即戦力となるような実力を養成することです。さらに技術的に優秀であることはもちろん、人間味豊かな歯科技工士の育成を目指した教育を行っています。


履修科目

分野 科目
一般教養 外国語(英語)、造形美術概論、体育
専門科目 関係法規、歯科技工学概論、歯科理工学、歯の解剖学
顎口腔機能学、有床義歯技工学、歯冠修復技工学
矯正歯科技工学、小児歯科技工学、スポーツ歯学
歯科技工実習、選択必修科目

資格

卒業生には、「専門士(医療専門課程)」の称号が与えられ、歯科技工士国家試験の受験資格が得られます。国家試験合格者には免許証が交付され、歯科技工士として歯科医院・病院・技工所等に勤務できるほか、独立して個人開業も可能です。卒業生は、それぞれの仕事先で歯科医療の重要なスタッフとして、また優秀なスペシャリストとして活躍しています。